HOMEスタッフブログ生活 > 太陽光発電 お客様の声。 「屋根の上の働き手」

太陽光発電 お客様の声。 「屋根の上の働き手」

昨日の日本経済新聞のプロムナードというコーナーで、
歌人・細胞生物学者の永田 和弘氏の太陽光発電の記事が
ありました。 

太陽光発電を設置してからの生活が
楽しくなっている様子が分かります。 
記事から少し抜粋します。 

60ワットの電球が同時に6個点灯すると、
消費電力の表示が0.4キロワットほど増えて、
なるほど計算通りと納得。  
あたりまえの話だが、この表示を見ていると、
あそこの電気を消しておこうかということにもなり、
電気代の節約とともに、
エコにも貢献することになるのだろう。 
日がよく照って、
昼間の発電量が消費量を上回っていたりすると、
よしよしよくやったと、
なんとなく褒めてやりたい気分である。
頭があれば撫でてやりたい。 
怠惰な私に代わって、
せっせと電気を作り続けてくれている働き手が、
わが家の屋根の上に居てくれることは、
なんとなく誇らしい気分にもなるのである。 

と、また、発電が100キロワット時を超えたとき花火が、
発電モニターの画面に花火があがったとありましたので、
おそらく永田氏は京セラのパネルを設置されているのでは
ないでしょうか・・・? 

本当に太陽光発電を設置されたお客様は、
エコな生活を電気代の削減と共に楽しんでおられます。 
太陽光発電を設置すると毎日が楽しくなる。 
太陽光発電はそんな素敵な商品です。 

人気ブログランキングへ 

前のページへ戻る


ページトップへ戻る