太陽光発電とは?

太陽光発電は屋根に太陽電池を取り付け、太陽の光で電気をつくります。
つくった電気は実際にご家庭で使用して、使いきれずに余った電気は電力会社が買い取ってくれます。
災害で停電になった時でも太陽が照っていれば電気を使うことができる、環境にやさしく、経済的にも嬉しいシステムです。

なぜ今、太陽光発電が注目を浴びているの?

地球温暖化は今後も進み、その原因は二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスであるとみて間違いありません。
今世紀末までに、地球の平均気温は最大で6.4℃上昇するのです・・・

2007年2月に国連「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が発表した報告書で進行する地球温暖化についてこう指摘しました。
また、地球温暖化防 止京都会議で、日本は2008年から2012年までに温室効果ガス(二酸化炭素など)を
6%削減するという目標を決定しています。
その対策のひとつとして、国も推進しているのが太陽光発電なのです。
太陽光発電は、発電時に二酸化炭素を出さず、騒音もなく、排気ガスも排出しません。
とても環境にやさしいクリーンなエネルギーなのです。

太陽光発電の仕組み

太陽の光エネルギーを吸収して電気に変える
【1.太陽電池モジュール】で太陽の光から電気をつくり、太陽電池で発電した電気を、
【2.パワーコンディショナー】と接続箱で集めて、実際に家庭で使用できる電力に変換します。
【3.分電盤】を通って家中に電気を送ります。発電が少ないときは、電力会社より電力を購入、
発電量が多くて使いきれない時は電力会社へ売ることができます。
【4.買電メーター・売電メーター】の2つのメーターで自動的にその区別を行います。

前のページへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら


ページトップへ戻る